clmnt

小児科医と言語聴覚士が考えたノート。
文字を正確に書き写せます。

カラーマスノート

カラーマスノートとは

カラーマスは、1マスを空色、黄色、ピンク、緑色の4色のパステルカラーに分割したマス目のノートです。カラーマスに書かれたお手本のマスの色と線をたよりに、字の配置を意識しながら書き写すことができます。

高知大学医学部附属病院小児科の脇口明子先生と、言語聴覚士の永江拓朗先生が、ディスレクシアの子のために考案しました。

マスのない紙に手本を見ながら書いても正しく書けなかった子が、「カラーマス」を使うことで正確に書くことができるようになります。

*「カラーマス」は商標登録済です。

漢字の練習も、カラーマスを使った場合と使わなかった場合ではこんなに違います。


 
次のようなお子さん子におすすめ
 
●文字の書き初めがわからずに、手が止まってしまう。
●文字のバランスが極端に悪く、バラバラに書いてしまう。
●正確に書き写すことができない。
●文字がマスからはみ出してしまう。

 

ひらがなカタカタの練習には、「カラーマスノート ひらがなれんしゅう」と「カラーマスノート カタカナれんしゅう」、1年生が学校で習う漢字の練習には「1ねんせいのかんじ」
 
ノートのカラーマスに書かれたお手本の文字を見ながら書き写していきます。書きやすい大きなマスです。
 
マスの大きさ40×40mm

●「ひらがな れんしゅうちょう」と「カタカナ れんしゅうちょう」のお手本の位置は2パターン。

お手本の文字が上。目を上下に動かすと見やすい子はこちら。

お手本の文字が横。目を左右に動かすと書きやすい子はこちら。

●「いちねんせいのかんじ」は、お手本の文字が上のパターンのみです。


 
 
練習したい文字を練習できる「カラーマスノート 練習帳」

お手本の文字はありません。支援者が書いたお手本の文字を書き写しながら練習できます。

マスの大きさ 26×26mm

 

 
こんな方法も。。
カラーマスノート 考案者の脇口明子先生(高知大学医学部附属病院小児科)によると、文字の隣に、文字に関係するイラストなどをかくと、より文字を覚えやすくなるそうです。
 

 

 

カラーマスノート考案者 脇口 明子先生からメッセージ

「カラーマス」は読み書きが苦手な子ども達のために、私と永江拓朗言語聴覚士が考案した治療法です。即効性があるのが特徴です。
 
私は、全校児童・生徒を観察する機会が多いのですが、読み書きに困っている子どもたちは、実は約15 %もいます。発生機序には諸説ありますが、視覚認知の「背側経路」という動きや三次元の視覚認知に関わる経路の具合が悪いことが、読み書きの苦手な子どもたちには多いことを経験しました。そこで、問題のない二次元の線や色の視覚認知に関わる「腹側経路」を鍛えようという発想で作成したのが「カラーマス」です。
 
「カラーマス」は4色で構成したマスですが、色と線を意識しながら、お手本と全く同じ位置に字を書きます。これを繰り返すことで、字を正しく認知することが可能になります。ポイントは、正確に書くことです。適当に書くことは、トレーニングになりません。1文字、2文字でもよいので、正確に書き写すことを毎日続けることが重要です。
 
マスからはみ出さないためのトレーニングの時には、少し適当でもかまいません。目的に合わせ、お使いいただければよいのですが、目的をはっきりさせることが重要です。「カラーマス」の字の隣に関係するイラストを書いてみるのも有効です「心像性効果」と、言います。字を覚えやすくなります。
 
お手本はお父さん、おかあさん、学校の先生などどなたが書いても良いのですが、一緒に作業することで、仲良しになれることも効果のひとつです。また、書き方を言葉で説明しやすいのも、「カラーマス」の特徴です。
 
これまで多くのこどもたちの言語療法に使用してきましたが、その効果に驚いています。もし、うまくいかないときには、使い方が誤っているかもしれませんので、再度使用方法をご確認ください。
 
もちろん、より美しい字をかくためのトレーニングとして使うことにも、役立ちます。
 
高知大学医学部附属病院小児科
脇口 明子 カラーマスノート監修者序文より
 

 

 
カラーマスノートは、『みんなでつなぐ 読み書き支援プログラム』(井川典克/監修 高畑脩平・興津美佳・萩原広道 特定非営利活動法人はびりす/編著 クリエイツかもがわ)で、紹介されています。
 

 
 

 

送料は10冊まで全国一律385円

【領収書発行について】
但し書きについてもご記入ください。領収書の日付は、クレジットカードの場合は注文日、銀行振込の場合は入金日となります。

 
●後払い決済の場合は、領収書の発行は対象外です。
 以下の書類が公的な領収書として使用できます。
 ・クレジットカード後払いの場合
  カード会社からのご利用明細書が領収書の代わりとなります。
 ・銀行振込後払いの場合
  振込明細が領収書の代わりとなります。
 ・コンビニ・郵便局後払いの場合
  受領印のある「受領書」が領収書の代わりとなります。

 
カラーマスノートは、10冊までヤマト運輸のネコポスにてお届けします。ポストに投函・配達となります。お届け時間の指定はできません。「出荷通知メール」のご連絡から1〜5日でお手元に届きます。伝票番号での追跡サービスが可能です。
 
11冊以上ご購入の場合は、通常のヤマト宅急便となります。こちらからご購入ください。
 
<商品仕様>
●サイズ A4(W:210×H:297㎜) ●ページ数 22ページ(マスのあるページ) ●「カラーマスノート ひらがなれんしゅう」はひらがな、「カラーマスノート カタカナれんしゅう」はカタカナ、「いちねんせいのかんじ」は漢字のお手本文字つきで1マス40×40mm 「カラーマスノート 練習帳」はお手本文字なし 1マス26×26mm ●監修 脇口明子(高知大学医学部附属病院小児科) ●発行 一般社団法人日本医療福祉教育コミュニケーション協会 *「カラーマス」は商標登録済。登録第5754619号
 

カラーマスノート ひらがなれんしゅう

¥330(税込・配送料別)
数量
 

カラーマスノート カタカナれんしゅう

¥330(税込・配送料別)
数量
 

カラーマスノート いちねんせいのかんじ

¥330(税込・配送料別)
数量
 

カラーマスノート 練習帳

¥330(税込・配送料別)
数量
 

配送料

北海道 385円
青森県 385円
岩手県 385円
宮城県 385円
秋田県 385円
山形県 385円
福島県 385円
茨城県 385円
栃木県 385円
群馬県 385円
埼玉県 385円
千葉県 385円
東京都 385円
神奈川県 385円
新潟県 385円
富山県 385円
石川県 385円
福井県 385円
山梨県 385円
長野県 385円
岐阜県 385円
静岡県 385円
愛知県 385円
三重県 385円
滋賀県 385円
京都府 385円
大阪府 385円
兵庫県 385円
奈良県 385円
和歌山県 385円
鳥取県 385円
島根県 385円
岡山県 385円
広島県 385円
山口県 385円
徳島県 385円
香川県 385円
愛媛県 385円
高知県 385円
福岡県 385円
佐賀県 385円
長崎県 385円
熊本県 385円
大分県 385円
宮崎県 385円
鹿児島県 385円
沖縄県 385円