お知らせ一覧

発達障害の子のために生まれた
トーキングゲーム セミナー&ワークショップ 傾聴と自己開示、そして自己肯定感の育て方

2019.05.29

満席のため、「キャンセル待ち登録」でのお申し込みとなります。

トーキングゲーム」は発達障害の子にコミュニケーションの楽しさを教えるために生まれたゲームです。

質問カードを使って傾聴(相手の話に耳を傾ける)と自己開示(自分の思いを話す)を繰り返し、心開いたコミュニケーションの心地よさを体験できるようにと、元筑波大学附属大塚特別支援学校支援部長(現創価大学教育学部准教授)安部博志氏が考案しました。

安部博志氏に、トーキングゲームを通して、発達障害の子のコミュニケーション力、自己肯定感の高め方についてお話いただきます。
【日時】8月27日(火)13:00~15:00(12:45分開場)

【会場】京急第2ビル5階ALVAS(アルヴァス)

JR、京急品川駅「高輪口」方面出て、徒歩3分

第一京浜を田町方面に向かってまっすぐ、右手のビルです。

 

【参加費】2,500円(当日会場にて申し受けます)

詳細とお申し込みはこちらから