hanabatake

放課後等デイサービス 療育シリーズ第1弾

切り花でたのしい療育 小さな花畑

発売前に、放課後等デイサービスで4歳から小学6年生の子どもたちに参加してもらいました。その時の作品をスライドショーにしました。(音が出ます)
 

「切り花で たのしい療育 小さな花畑」は8種類の季節の花から自分の好きな花を選んでアレンジしていきます。先生もいません、正解もありません。子どもたちが思い思いに好きにアレンジしていいのです。

 

_k4a2418%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

テーブルの真ん中にどさっと置かれた季節の花から

_k4a2568

好きな花を選んで、好きに挿す

 

_k4a2493

バランスを見ながら丁寧に仕上げる子

_k4a2507

彩り豊かなアート作品に仕上げる子

_k4a2456

自分の好きな色を集めて可愛らしく挿す子

_k4a2447

花に触れながら全身で非日常を楽しむ子

 

でも、これが、なぜ療育になるのでしょうか?

このアクティビティをすすめる作業療法士の加勢泰庸(かせ・やすのぶ)さんに聞きしました。

かせ・やすのぶ 株式会社東京リハビリテーションサービス小児部門責任者。作業療法士、保育士。

かせ・やすのぶ
株式会社東京リハビリテーションサービス小児部門責任者。作業療法士、保育士。

自分を表現したい、認めてほしいという気持ちは、誰もがもっています。
でも、発達に課題を抱えた子の中には、失敗を繰り返して自信をもてないでいたり、言葉で伝えるのが苦手だったりする子が少なくありません。

こうした子どもたちは自己表現する場が少なく、人からほめられたり、注目されたりする機会をなかなか得られないでいます。

「小さな花畑」は子どもひとりひとりが創造力を発揮できるアクティビティです。ほめられて自信をつける子、普段は寡黙なのに豊かな感性を表出する子。支援員の方にとっては子どもの理解を深める手がかりにもなります。

療育というと、どうしても正解に向かってトレーニングするイメージがあります。もちろん、それも必要です。でも花という自然の力を借りたアクティビティには、人を癒し笑顔にする力があります。
「できなくて、指導」されるのではなく、「自由につくって、ほめられる」療育です。

 

_k4a2450_1

 

●このアクティビティーで期待できること●

<心理面>

・能力に関係なく、誰でもが取り組むことができます。
・本物の花に触れることで、五感が刺激されます。
・自分の好きなようにアレンジできるので、自己有能感を味わうことができます。
・グループでテーブルを囲みながら作業することでコミュニケーション力も高まります。
・ほめられる場面を作れるので自己肯定感が高まり、自信につながります。
・デイサービスでの取り組みが理解され、保護者に喜ばれます。

k4a2583

<運動機能の面>
・花を選んで、切って、挿して。手先、指先を使います。

_k4a2438

※ハサミがうまく使えないようなら、手のひらで切れるハサミ(カスタ)を使ったり、支援員の方が切っても構いません。ただし、切る長さは子どもに聞くようにしてください。

カスタ

カスタ

 

・カップのふたの穴に、花を挿して、花を見ながら手を動かします。目と手の協調運動。
_k4a2465_1

※目と手の協調運動が苦手で挿しにくそうにしていたら、穴を大きくしてください。ふたをとっても構いません。

●こんなふうにすすめましょう●

(1)始める前に参加者にアクティビティの内容を簡単に説明します。

(2)終わりの時間を予告しておきます。

花を挿す時間は20〜30分前後を目安に。発表会や撮影会を入れる場合は、1時間程度みて途中休憩を入れるようにします。

(3)終わったら、各自作品を発表します。
挿し終わったら、一人ずつ自分の作品を披露し、他の子は拍手を。この時、支援員の方は、その作品のいいところをほめるようにしてください。

(4)余裕があれば、各自の作品を撮影します。
子どもと一緒に作品を撮影して、写真を会報紙に載せたり、保護者に配ったりすると喜ばれます。

(5)作品を袋に入れて持ち帰ります。
作品は専用の袋(セットに含まれています)に入れて家に持ち帰ってもらいましょう。
家庭でもおうちの方にほめられ、親子の会話が生まれます。

_k4a2515
●準備すること●

子どもの特性によっては、ひとりで取り組む方がいい場合がありますので
無理にグループに入れずに、ひとり用のスペースを用意してください。

(2)グループの席を決めておき、席の真ん中に人数分の花をまとめておきます。
一人ずつ花を分けないようにしてください。

(3)各自の席に送られてきたセットの中の花と花の名前のリスト以外すべてを用意しておきます。写真の2〜6までです。

_k4a2402_1

2.保水剤 3.スポイト 4.スプーン 5.カップ 6.専用のカゴ 持ち帰り用袋(写真にはありませんがセットされています)
※時間節約のため、カップに保水剤を予め入れておいてもいいでしょう。
※ハサミはセットされておりませんのでご用意ください。

●効果的に進めるためのアドバイス●
作業療法士の加勢さんにお聞きしました。

Q. 支援員はどの程度、関わったらいいですか?

A. 手と口を出しすぎないように。
子どもに任せて、手や口を出しすぎないようにすることが基本。ただし任せっぱなしにすると、どこから手をつけていいのかわからない子がいます。支援員が要所要所で手を差し伸べるようにしましょう。場合によっては、支援員がアレンジして、モデルを見せてもいいと思います。子どもが自信をなくすことのない配慮が必要です

_k4a2568

Q. 集中しすぎて終われない子にはどうする?

A. 時間の制限、花の量の制限を。
始める前に、終わりの時間を予告しておきましょう。時間制限が難しいようなら、テーブルの花を使い切ったら終わりに。この場合、花はテーブルだけに置き、それ以外の子どもの視野に入るところに花を置かないようにしてください。

_k4a2584_1
Q. グループを作る時に注意することは?
A. 漫然とグループ分けをせずに意図的に。

同程度の能力の子で固めてもいいですし、能力や年齢にばらつきのある子を同じテーブルにしてもいいでしょう。年下の子が年上の子をモデルにしたり、年上の子が年下の子に教えたり。学びの場になるようなグループ分けをすると、アクティビティがより効果的なものとなります。

_k4a2487_1
Q. 子ども同士で花の奪い合いになったら?

A. じゃんけんや話し合いなど子どもの能力に応じた方法で解決を。

子どもの性格や能力を考えていくつかの方法を用意しておきましょう。
(1)じゃんけんで決める。
(2)ケンカするならこの花は使わないと伝える。
(3)本人たちに話し合いで決めさせる。
(4)支援員がいくつかの方法を提案して子どもに選ばせる。などなどマニュアル化できるものではありません。トラブルが起きるからやらないというのではなく、トラブルを成長の機会と考えてください。
_k4a2558_1
Q. 目と手の協調性が苦手な子のフォローは?
A. 花を挿すことだけに集中できるように。

カップのふたの穴に花を挿すことが難しいようなら、穴を大きくするか、場合によってはカップのふたをとって、穴を使わないようにしてもいいでしょう。保水剤を入れる作業は支援員がやっても構いません。花を挿して楽しむことだけに集中できるようにしましょう。
_k4a2462

Q. ハサミをうまく使えない子には?
A. 道具の工夫か、支援員のフォローを

手先が器用でない子も楽しめるようにしてください。ハサミを上手に使えない場合は手のひらで切れるハサミ(カスタなど)を用意したり、支援員が切ったりしても構いません。切る長さは必ず子どもに聞くようにし、支援員が勝手に切ることのないようにしてください。

カスタ

カスタ

●これが、セット内容です●
_k4a2402

8

1.8種の季節の花(花の種類はおまかせください)
2.特製保水剤(植物繊維でできているので安全)
3.スポイト(飾ってからの水やり用)
4.スプーン(保水剤をカップに入れるためのもの)
5.カップ
6.セットされた花の名前のリスト
7.専用カゴ
作業療法士のアドバイスを掲載した冊子(1箱に1部)

 

●お申し込み前に以下をお読みください●

・ご注文は5名様より承ります。5名様以上であれば個人でも承ります。

・ご注文はアクティティビティ実施日の10日前までにお願いいたします。
アクティビティ実施日の前日にお届けします。

・人数の変更について
アクティビティ実施日の5日前までにご連絡をお願いいたします。それ以降ですと、ご注文時の人数のお届けになります。

・キャンセルについて
アクティビティ実施日の5日前までにご連絡をお願いいたします。それ以降ですと、全額お支払いいただきます。

・返品について
切り花は生ものですので、商品到着後の返品や交換はお受けできません。予めご了承いただきますようお願いいたします。

ご注文は以下からダウンロードしてファクシミリでお申し込みください。

小さな花畑ご注文書

切り花でたのしい療育 小さな花畑(1名様分)

¥1,500(税込・配送料別)

配送料

北海道850円
青森県750円
岩手県750円
宮城県750円
秋田県750円
山形県750円
福島県750円
茨城県750円
栃木県750円
群馬県750円
埼玉県750円
千葉県750円
東京都750円
神奈川県750円
新潟県750円
富山県750円
石川県750円
福井県750円
山梨県750円
長野県750円
岐阜県750円
静岡県750円
愛知県750円
三重県750円
滋賀県750円
京都府750円
大阪府750円
兵庫県750円
奈良県750円
和歌山県750円
鳥取県750円
島根県750円
岡山県750円
広島県750円
山口県750円
徳島県750円
香川県750円
愛媛県750円
高知県750円
福岡県850円
佐賀県850円
長崎県850円
熊本県850円
大分県850円
宮崎県850円
鹿児島県850円

※沖縄県、遠隔諸島はお問い合わせください