2017.06.23 fri

トビラコへようこそ!
 

ちょっと待ってと言う時の「ちょっと」ってどのくらい? という話になりました。
人によって「ちょっと」の長さが違いますね。
 
2分くらい、5分くらい、10分くらい、と3人に聞いて3人とも違っていたのです。
自閉症スペクトラムの子は、曖昧な表現はダメといわれます。
でも、特にそうした特性がなくても、ちょっとが「2分」と思っている人と
ちょっとが「10分」の人が一緒に仕事をすると、微妙にあれ?と思うかもしれませんね。ただ、だんだんと「あの人のちょっとは短いんだ(長いんだ)な」ということが理解できるようになってくるのだと思います。
 
特性のある子(人)は、そこをのみこむのが苦手。だから「あと2分待って」とか「10分待って」と、「ちょっと」を数値化することでお互いの齟齬(そご)がなくなります。
 
ちなみに、トビラコ店主の「ちょっと」は10分でした。
あなたの「ちょっと」はどのくらいの長さですか?

「また今度ね」というのも曖昧で通じにくいのですが、その話は、また今度。じゃなくて、明日書きますね。

 

トビラコ店主より

ーーーーーーーーーー

人気ブロガーのアマミモヨリさんが「きいて・はなして はなして・きいて トーキングゲーム」をブログに書いてくれました。おもしろくて、ためになる使い方です。

http://ameblo.jp/amami-blog/entry-12282332914.html?frm_src=favoritemail

ーーーーーーーーーー

✴︎
『使ってみたら「できる」が増えた 発達障害の子のためのすごい道具』(小学館/筑波大学附属大塚特別支援学校主幹教諭安部博志著/トビラコ編集)4刷決定!(まもなく5刷か)

もっと見る

お知らせ

雨の日におすすめ!ランドセル専用ポーチ「てぶラン」販売始めました
『発達障害の子のためのすごい道具』に掲載されている「てぶラン」をトビラコでも販売しております。詳しくは、『発達障害の子のためのすごい道具』セレクトショップ企画 第1弾 をご覧ください。... 続きを読む
お知らせ一覧

人とのかかわりを学ぶ かかわりショップ

小さな「できた!」をよろこぶ できたショップ

喫茶室トビラコ

小峰さなえ
「できる」を増やしてあげたい

日々の暮らし、この先の暮らし