sukid

自分の「好き」を伝えよう
相手の「好き」を聞いてみよう

えらんで きめて つたえるゲーム すきなのどっち?

考えた人 筑波大学附属大塚特別支援学校 教諭 佐藤義竹


毎月3名様にtobiracoオリジナル商品1点があたる!
サイトオープン1周年「ありがとう!」キャンペーン実施中

詳しくは、こちらから

 

最新情報:リタリコさんの発達ナビに投稿しました。こちらからどうぞ。

「すきなのどっち?」は、筑波大学附属大塚特別支援学校の佐藤義竹先生が手作りしていた教材を商品化したものです。
商品化にあたっては、クラウドファンディングを活用しました。特別支援学校の教材の多くは、障害のあるなしにかかわらず楽しみながら学べます。このことはあまり知られていません。そこでクラウドファンディングを通して多くの人に知っていただこうと思いました。プロジェクトを立ち上げた初日には、3000人以上の人が運営サイトを訪れてくれました。最終的に142名の方が賛同し出資してくださいました。「すきなのどっち?」は、この142名の方の思いが形になったものです。
感謝の気持ちを込めて、ご支援いただいた方のお名前をこのページの最後のほう、商品カートのすぐ上に記載いたしました。
 
 


●どんなゲームなの?●

●質問カードを引きます。

 

 
 

●カードに描かれたうちの、どっちがすきかを答えます。
伝え方は、人それぞれ。ことばで伝える、指をさして伝える、視線を向けて伝える、どのような方法でもかまいません。
 

ことばで伝える。

指で伝える。

目で伝える。

 
●どうして、好きなのかを答えます。
どうして好きなのか、選んだ理由を答えてみましょう。自分のことを考えるきっかけになるかもしれません。でもムリに答える必要はありません。
 

●「どっちもすき」「どっちもすきじゃない」「わからない」としたら。。。
「いまの気分だったら、どっち?」「どちらかといえば、どっち」と考えてみてください。

 

 
●でも、ムリに答えなくてもいいんです。
答えられそうもないときは「パス!」と言いましょう。
 

 
「すきなのどっち?」の質問カードは
絵本のようなかわいいイラストです。


 

質問カードの裏面(イラストが描かれていない面)も、あたたみのあるイラスト。

 
子どもがこんなことを考えていたのかと、驚き、感心し、感動しました! 新しい発見がたくさんありました。
(小2女子の母)

クラウドファンディングで発売前に手にした方たちから、たくさんの感想をいただきました。

 
療育施設や大学の先生からも感想をいただいてます。
 
「ねー、先生。アイスとかき氷どっち好き?」
と、自分で考えたオリジナルの質問をしてくるようになりました。
(放課後等デイサービスの運営者より)

「『好き』を選ぶ方が、『嫌い』を選ぶ方より、相手の話を聞こうという気になります。話を聞いたことをきっかけに、自分ならと考えることもできます」と、ゼミの学生が感想を述べていました。
(大学の教育学科の先生より)
 

 

●「すきなのどっち?」の考案者、佐藤義竹先生のお話●

 

 
このゲームを作る前に、まず4歳の娘にお風呂の中で、口頭で「すきなのどっち?」ゲームをしました。すると娘は夢中になりました。
いつもは、お風呂からすぐに出たがる娘が、ずっとゲームをやりたがり入浴タイムが長くなりました。
自分で選ぶということが、こんなにも子どもを夢中にさせるならと、教室で使ってみることにしました。

そのひとつは、休み時間にやりたいことを選べるカードです。
休み時間に何をしていいのかわからず、まわりの子にちょっかいを出していた子に、自分のやりたいことを選択できるカードを作りました。

複数のカードからやりたいことを選び、教師に伝えるという意思表明ができるようになるにつれ、「苦痛」だった休み時間が「楽しい」時間に変わりました。
えらんで、きめて、つたえるゲーム「すきなのどっち?」は、「自分で選び(自己選択)」、「自分で決める(自己決定)」、「自分の思いを伝える(意思表明)」ことを大切にするゲームです。

3歳の子でもイメージできるように作りました。3歳以上であれば、障害のある子もない子も、子どもも大人も一緒に楽しめます。

自分で選び、決めて、それを伝えることの楽しさをゲームを通して体験してください。

自分の好きなことに気づいたり、確かめたりすることを通して、自分自身の理解を深めることもできます。

 

 
****************
 
「すきなのどっち?」はクラウドファンディングを使って製作しました。
ご支援いただいたみなさま ありがとうございました。

秋宗竜太 アシスト azusa 1140k 五十嵐公 五十嵐美弥 石川圭子 今津朋子 岩佐尚子 うーちゃん 牛の乳母 umezawa 太田賢孝 緒方 岡楽真 KAORI かくたゆみこ 陰山英男 かさない71 笠原義勝 Kazki 加藤千沙絵 KMAN3 kamo.r 佳矢乃 河高康子 河村典枝 河村裕理 木のおもちゃ・おひさまや キミー くすくす kuronori 恵子 Kota T. ごっちん 小林奈緒 こぶた24 さっち 佐藤恒介 沢田奈緒子 simone 白柳徹子 鈴木歌織 そらひかるママ 瀧沢裕子 竹花聖美 ちーさん 千葉幸雄 鶴岡彩 てよみ 當眞正太 どうやま とくちん ともママ 中川英祐 中澤由佳 中原夕紀菜 ななさち 新舘千佳子 西井孝明 西谷堅太朗 ニャツ ハザマイサム はらだみか 早川惠子 速水由紀子 はるちゃん BUN3 ひぃ ひらめさん fishmother 藤嶋ひじり 堀内祐子 眞壁凌平 松岡英彦 松田真奈美 松野まっつ まりまり まれすけ ミー君 みさとさん 水谷菜々子 三村律子 みどりちゃん 皆川彩子 森由民 諸星和明 Yamashi 山本まりこ ゆい ゆう 湯本美香 寮美千子 りょこぷり
(五十音順 敬称略)
お名前は掲載しませんが、他48名の方にご支援いただいております。

****************

<商品仕様>
●サイズ カード:縦86mm×横108mm
●セット内容 質問カード47枚 説明書:1枚
●対象年齢 3歳〜
●日本製

※この商品はギフト用袋(100円)とのセット販売もいたします。
ギフト用袋(写真下)を同封いたします。ラッピングはお客様ご自身でお願いいたします。

 

 

 
 

【複数ご注文いただく場合の配送料について】
同一の商品であっても、異なる商品の組み合わせであっても、ご負担の少ない配送料でお送りできるシステムになりました。
「すきなのどっち?」は、送り箱に4個まで入ります。同一の宛先であれば、4個までは1個の配送料でお送りすることができます。

 

【領収書発行について】
領収書の発行を希望される方は、ご注文情報入力画面の備考欄に「領収書希望」とご記入のうえ、宛名、但し書きについてもご記入ください。領収書の日付は、クレジットカードの場合は注文日、銀行振込の場合は入金日となります。

 
 

毎月3名様にtobiracoオリジナル商品1点があたる!
サイトオープン1周年「ありがとう!」キャンペーン実施中

詳しくは、こちらから

 
【学校・幼稚園・保育所等のお客様へ】
この商品は、内田洋行の教育用品通販サイト「UCHIDAS(ウチダス)」でもお求めいただけます。
このバナーをクリックするとウチダスのサイトに飛びます。

えらんで きめて つたえるゲーム すきなのどっち?

¥2,700(税込・配送料別)
数量
 

えらんで きめて つたえるゲーム すきなのどっち? ギフト用袋(青)セット

¥2,808(税込・配送料別)
数量
 

えらんで きめて つたえるゲーム すきなのどっち? ギフト用袋(赤)セット

¥2,808(税込・配送料別)
数量
 

配送料

北海道 800円
青森県 600円
岩手県 600円
宮城県 500円
秋田県 600円
山形県 500円
福島県 500円
茨城県 500円
栃木県 500円
群馬県 500円
埼玉県 500円
千葉県 500円
東京都 500円
神奈川県 500円
新潟県 500円
富山県 500円
石川県 500円
福井県 500円
山梨県 500円
長野県 500円
岐阜県 500円
静岡県 500円
愛知県 500円
三重県 500円
滋賀県 600円
京都府 600円
大阪府 600円
兵庫県 600円
奈良県 600円
和歌山県 600円
鳥取県 700円
島根県 700円
岡山県 700円
広島県 700円
山口県 700円
徳島県 700円
香川県 700円
愛媛県 700円
高知県 700円
福岡県 800円
佐賀県 800円
長崎県 800円
熊本県 800円
大分県 800円
宮崎県 800円
鹿児島県 800円
沖縄県 800円
$fields['idea-name']
筑波大学附属大塚特別支援学校 教諭
佐藤義竹

さとう・よしたけ

 

福島大学教育学部卒業後、筑波大学大学院修士課程修了。

福島県立特別支援学校に5年間勤務ののち、筑波大学附属大塚特別支援学校中学部担任を経て、支援部。東京都文京区教育センター専門家、文京区特別支援教育相談員界委員、筑波大学支援専門家チーム。

社会性や自尊感情を育む教育プログラムを実践。「すきなのどっち?」は、自己選択・自己決定、意思表明の力を育む教材として開発。

閉じる