tsb_k

すぐ作れて、すぐ活用できる
大塚特別支援学校の実践から生まれた教材。

今すぐ使える! 特別支援アイデア教材50

考えた人 筑波大学附属大塚特別支援学校教務主任 佐藤義竹

筑波大学附属大塚特別支援学校は、障害に合わせた独自の教材・教具を通して国内外に教育実践を発信しています。
 
本書は、佐藤義竹先生が考案し、実際に教室で使いながら改良を重ねた教材・教具を紹介。
 
佐藤先生の教材が目指しているのは、子どもの自立。特別支援教育にかかわるすべての人におすすめしたい本です。教材・教具を通して、支援のコツもつかめてきます。
 
コピー&ダウンロードしてすぐに使える付録付きです。
 
本書で紹介している教材、5つの特徴

1)子どもの成長を見える化する!

2)子どもと教師の気づきになる!

3)前向きに課題に取り組む気持ちをそだてる!

4)家庭と連携する!

5)子どもたち同士の関係を強める

 

●教材のねらいや使い方、活用を通してのアドバイスが掲載されています。

●本書に掲載されている教材は、次のように分類されています。

<生活・教科に合わせた指導>●日常生活の指導 ●生活単元学習 ●作業学習/<教科学習>●算数・数学 ●国語/<自立活動>/<特別活動>

 
本書の一部をご紹介します。
 
日常生活の指導

————————————————————————————

————————————————————————————

算数・数学

————————————————————————————

国語

————————————————————————————

自立活動

————————————————————————————

本書に掲載されている教材は、コピー&ダウンロードすることができます。

————————————————————————————
 

佐藤先生からのメッセージ

 これまで特別支援学校の教員として、さまざまな子どもたちに出会い、自分が何かを支援する以上に子どもからとても多くのことに気づかされ、学ぶことができました。この学びの一つが本書のテーマである「教材」です。(まえがきより抜粋)


 
こちらも合わせて、どうぞ。佐藤先生が教材への思いをご寄稿してくれました。
筑波大附属大塚特別支援学校の先生が教える、教材作りで大切にしていること。

 
【領収書発行について】
領収書の発行を希望される方は、ご注文情報入力画面の備考欄に「領収書希望」とご記入のうえ、宛名、但し書きについてもご記入ください。領収書の日付は、クレジットカードの場合は注文日、銀行振込の場合は入金日となります。
●後払い決済の場合は、領収書の発行は対象外です。
以下の書類が公的な領収書として使用できます。
・クレジットカード後払いの場合
カード会社からのご利用明細書が領収書の代わりとなります。
・銀行振込後払いの場合
振込明細が領収書の代わりとなります。
・コンビニ・郵便局後払いの場合
受領印のある「受領書」が領収書の代わりとなります。

 
配送料、全国一律 385円
 
<商品仕様>

『今すぐ使える! 特別支援アイデア教材50』 佐藤義竹著・筑波大学附属大塚特別支援学校教材教具研究会編著 B5/144p オールカラー 2020/9/20  発行:合同出版

今すぐ使える! 特別支援アイデア教材50

¥2,200(税込・配送料別)
数量
 

配送料

北海道 385円
青森県 385円
岩手県 385円
宮城県 385円
秋田県 385円
山形県 385円
福島県 385円
茨城県 385円
栃木県 385円
群馬県 385円
埼玉県 385円
千葉県 385円
東京都 385円
神奈川県 385円
新潟県 385円
富山県 385円
石川県 385円
福井県 385円
山梨県 385円
長野県 385円
岐阜県 385円
静岡県 385円
愛知県 385円
三重県 385円
滋賀県 385円
京都府 385円
大阪府 385円
兵庫県 385円
奈良県 385円
和歌山県 385円
鳥取県 385円
島根県 385円
岡山県 385円
広島県 385円
山口県 385円
徳島県 385円
香川県 385円
愛媛県 385円
高知県 385円
福岡県 385円
佐賀県 385円
長崎県 385円
熊本県 385円
大分県 385円
宮崎県 385円
鹿児島県 385円
沖縄県 385円
佐藤義竹
筑波大学附属大塚特別支援学校教務主任
佐藤義竹

さとう・よしたけ

福島大学教育学部卒業後、筑波大学大学院修士課程修了。福島県立特別支援学校に5年間勤務ののち、筑波大学附属大塚特別支援学校中学部担任を経て、支援部。東京都文京区教育センター専門家、文京区特別支援教育相談委員会委員、筑波大学支援専門家チーム。社会性や自尊感情を育む教育プログラムを実践。「すきなのどっち?」は、自己選択・自己決定、意思表明の力を育む教材として開発。コミュニケーションゲームの手立て「きもち・つたえる・ボード」も好評。著書に『1日1歩 スモールステップ時計ワークシート』、最新刊『今すぐ使える!特別支援アイデア教材』(ともに合同出版)がある。

 

閉じる