hb_pjm

大きなループボタン、通しやすい袖。
初めての着替えをパジャマで

ひとりで着替えができる ハートブリッヂ パジャマ(オートミール)

考えた人 作業療法士と服を開発している  小峰さなえさん


指先を上手に使えない、3歳の子どものために作られたパジャマです。
ボタンの留め外しや袖通しがラクにできる工夫がいっぱい。
「生活に必要なことは生活の中で覚える」という小峰さなえさんの考え方を作業療法士が形にしました。
身辺自立が始まる時期、まずはパジャマで着替えを覚えましょう。

 

●着替えやすい3つの工夫●

1)留め外しのラクなループボタン
hb_pjm_roop
いきなり穴にボタンを通すのではなく、まず最初のステップはループにかけながらボタンに慣れるようにしましょう。ボタンを同じ色のループに合わせるだけ。これならかけ間違いがありませんね。

 

2)通しやすい赤いステッチの袖ぐり
hb_pjm_arm
袖を通す場所は意外とわかりづらいものです。どこに手を入れていいのかわからずにイライラする子もいます。袖ぐりの赤いステッチが「通すところはここだよ」と教えてくれます。

3)袖の左右がわかるマーク
hb_pjm_mark
右の袖口だけについているマーク。右と左がまだまだわからない時期、「こっちが右だよ」と袖のマークが教えてくれます。着ながら右と左も覚えられますね。。

 
まだまだあります、工夫。。。

おなかが出ない工夫も
上着とパンツをつなぐボタン付き。寝相が悪くてもおなかが出ません。

hb_pjm_pant

 

裾が床につかない工夫も
裾にシャーリング。トイレでパンツを下げた時などに裾が床にベタッとつかないよう考えられています。

hb_pjm_botom

 

表は柔らかな風合い、裏はタオル地のような気持ちのよい綿

2017_05_28_ogawamachi-085%e6%94%b9
 

<ひとりで着替えができる ハートブリッヂ パジャマ 商品仕様>

●素材 粗杢(あらもく)スーパーミニ裏毛 cotton 100%
●サイズ 100㎝
着丈;40㎝ 身幅;38㎝ 裄丈;45㎝ ※裄丈(ゆきたけ)とは、襟のすぐ下、背中の中心線から袖の先端までの長さのことです。
ウエスト:54cm   パンツ丈:58cm
●洗濯機洗い(ネット)
●日本製

ここでご紹介している色はオートーミールです。

hb_pjm_oatmeal

ハートブリッヂ パジャマ オートミール

色違いでチェリーとネイビーがあります。
 

hb_pjm_cherry

ハートブリッヂ パジャマ チェリー

hb_pjm_nevy

ハートブリッヂ パジャマ ネイビー


 

【複数ご注文いただく場合の配送料について】
同一の商品であっても、異なる商品の組み合わせであっても、ご負担の少ない配送料でお送りできるシステムになりました。

 

【領収書発行について】
領収書の発行を希望される方は、ご注文情報入力画面の備考欄に「領収書希望」とご記入のうえ、宛名、但し書きについてもご記入ください。領収書の日付は、クレジットカードの場合は注文日、銀行振込の場合は入金日となります。

 

ハートブリッヂ パジャマ オートミール(ボタン左上)

¥8,640(税込・配送料別)
数量
 

ハートブリッヂ パジャマ オートミール(ボタン右上)

¥8,640(税込・配送料別)
数量
 

配送料

北海道 1,100円
青森県 800円
岩手県 800円
宮城県 700円
秋田県 800円
山形県 700円
福島県 700円
茨城県 700円
栃木県 700円
群馬県 700円
埼玉県 700円
千葉県 700円
東京都 700円
神奈川県 700円
新潟県 700円
富山県 700円
石川県 700円
福井県 700円
山梨県 700円
長野県 700円
岐阜県 700円
静岡県 700円
愛知県 700円
三重県 700円
滋賀県 800円
京都府 800円
大阪府 800円
兵庫県 800円
奈良県 800円
和歌山県 800円
鳥取県 900円
島根県 900円
岡山県 900円
広島県 900円
山口県 900円
徳島県 1,000円
香川県 1,000円
愛媛県 1,000円
高知県 1,000円
福岡県 1,100円
佐賀県 1,100円
長崎県 1,100円
熊本県 1,100円
大分県 1,100円
宮崎県 1,100円
鹿児島県 1,100円
沖縄県 1,200円
小峰さなえ
作業療法士と服を開発している 
小峰さなえさん

小峰さなえ こみね・さなえ

株式会社東京リハビリテーションサービスの委託を受けて障害児・者向けの衣服等を考案し自身でミシンをかけて製作。次女が知的障害で手先のことが苦手だったことから扱いやすいボタンを使ったスモックを作り、知り合いに頼まれて作るうちに評判となり、お世話になっている作業療法士(日本医療科学大学の德永千尋先生)と共に開発し同社にて販売。

閉じる