book_assess

専門家でなくても課題と支援の仕方がわかります。

子どもの発達を支える アセスメントツール

考えた人 筑波大学附属大塚特別学校地域支援部長 安部(あんべ)博志

子どもの発達に不安を抱えながらも、子どもにどのように接していいのかわからない。このような保護者や先生のために、誰もが簡単に発達の段階と課題を分析・評価(アセスメント)できるツールを安部博志先生が作成。15年にわたる試行錯誤から生まれた「発達段階アセスメントシート」「困っていること確認シート」です。このシートに対応して本に具体的な支援策が提示されています。

たとえば、「困っていること確認シート」の「理解」の分野で「言葉の意味が理解できない子」への接し方として「一度に一つのことだけ伝える」「接続詞や代名詞、修飾語は使わない」「はじめに結論を伝えて、細かなことは後から伝える」など。日常的な子育てのアドバイスが満載。保護者、先生、支援員が子どもの課題を共有することもできます。ご家庭で、学校で、ぜひご活用ください。園や学校では「個別指導計画」の一助にもなります。

本書には、次の記入式2大シートが2枚セットされています。
想定している対象は、満1歳から7歳までです。ただし、特別支援学校や特別支援学級に在籍している子どもの婆には、年齢がそれ以上であっても活用できます。

「発達段階アセスメントシート」の分類
1)運動 2)日常生活 3)社会性(人との関わり・意欲) 4)知的発達(ことば)5)知的発達(描画)

「困っていること確認シート」の分類
1)理解 2)行動 3)社会性 4)その他

シートのみもございます。

『子どもの発達を支えるアセスメントシート』 「発達段階アセスメントシート」「困っていること確認シート」10枚入 

※「子どもの発達を支える アセスメントツール」「子どもの発達を支えるアセスメントシート」は、ヤマト運輸ネコポスにてポストに投函・配達となります。「出荷通知メール」のご連絡から2〜5日でお手元に届きます。伝票番号から追跡サービスをご利用いただけます。

【領収書発行について】

領収書の発行を希望される方は、ご注文情報入力画面の備考欄に「領収書希望」とご記入のうえ、宛名、但し書きについてもご記入ください。領収書の日付は、クレジットカードの場合は注文日、銀行振込の場合は入金日となります。

配送料、全国一律 350円

<商品仕様>
●『子どもの発達を支えるアセスメントツール』「発達段階アセスメントシート」「困っていること確認シート」2枚付
安部博志著 A4/32p 2019/1/25  発行:合同出版

●『子どもの発達を支えるアセスメントシート』 「発達段階アセスメントシート」「困っていること確認シート」10枚入 
安部博志著 2019/4/20  発行:合同出版 ※シートのみです。本はセットされておりません。

子どもの発達を支えるアセスメントツール 「発達段階アセスメントシート」「困っていること確認シート」付

¥972(税込・配送料別)
数量
 

子どもの発達を支えるアセスメントシート10枚入

¥1,296(税込・配送料別)
数量
 

配送料

北海道 350円
青森県 350円
岩手県 350円
宮城県 350円
秋田県 350円
山形県 350円
福島県 350円
茨城県 350円
栃木県 350円
群馬県 350円
埼玉県 350円
千葉県 350円
東京都 350円
神奈川県 350円
新潟県 350円
富山県 350円
石川県 350円
福井県 350円
山梨県 350円
長野県 350円
岐阜県 350円
静岡県 350円
愛知県 350円
三重県 350円
滋賀県 350円
京都府 350円
大阪府 350円
兵庫県 350円
奈良県 350円
和歌山県 350円
鳥取県 350円
島根県 350円
岡山県 350円
広島県 350円
山口県 350円
徳島県 350円
香川県 350円
愛媛県 350円
高知県 350円
福岡県 350円
佐賀県 350円
長崎県 350円
熊本県 350円
大分県 350円
宮崎県 350円
鹿児島県 350円
沖縄県 350円
$fields['idea-name']
筑波大学附属大塚特別学校地域支援部長
安部(あんべ)博志

あんべ・ひろし 筑波大学附属大塚特別支援学校地域支援部長。特別支援教育コーディネーターとして地域の子ども、保護者、教師の相談・支援にあたっている。園から小・中学校まで巡回したクラスは通算10,000学級を超える。子どもの特性に合わせたオーダーメードの教材や教具を開発。著書に『特別支援教育 発達に遅れや偏りのある子どもの本当の気持ち』(学事出版)、『発達障害の子どもの指導で悩む先生へのメッセージ』(明治図書出版)、『使ってみたら「できる」が増えた発達障害の子のための「すごい道具」』『ひっくりカエル!』(小学館)。

特別支援教育コーディネーターとして地域の子ども、保護者、教師の相談・支援にあたっている。園から小・中学校まで巡回したクラスは通算10,000学級を超える。子どもの特性に合わせたオーダーメードの教材や教具を開発。著書に『特別支援教育 発達に遅れや偏りのある子どもの本当の気持ち』(学事出版)、『発達障害の子どもの指導で悩む先生へのメッセージ』(明治図書出版)、『使ってみたら「できる」が増えた発達障害の子のための「すごい道具」』『ひっくりカエル!』(小学館)。

閉じる