dekita_01

服をうまくたためない子におすすめ
きれいにたたむ練習ができるボードです。

たたみ方れんしゅうボード

考えた人 筑波大学附属大塚特別支援学校主幹教諭 安部(あんべ)博志先生

この「たたみ方れんしゅうボード」は、筑波大学付属大塚特別支援学校で使っていた手作りの教具にヒントを得て作りました。
家庭では、こんな風に使ってください。

仕組みをご説明しますね。服のサイズは半袖、長袖ともに130です。

きれいにたたむためには、
(1)たたむ順番が頭に入っていること
(2)順番通りに指先をうまく使えること。

このふたつが大事。「たたみ方れんしゅうボード」は、くり返し使っているうちにたたむ順番が身につきます。

指先を器用に使えない場合は、「たたみ方れんしゅうボード」を服をたたむための助っ人として使ってください。

試作の段階で大塚特別支援学校の生徒さんたちにも使っていただき、好評を博しました。

でも、生徒さんから意表をつく疑問を突きつけられました。

「なんで、服をたたまなければいけないのか」

という疑問です。

たしかに、、、、そうですよね。
服を丸めてタンスに突っ込んでおいてもいいし、その辺に置きっ放しにしておいたとしても生命に危険があるわけではありません。

でも、丸めた服が山積みになったらどうなるか。

この説明が必要なことに気づきました。

そこで、もしお子さんからそのような鋭い疑問を投げかけられた時のために、下のようなイラストを商品のパッケージに同封しています。

oritatami_oran

イラスト:オグロエリ

半袖のシャツにも(写真はサイズ130)
board-001%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

長袖のTシャツにも(写真はサイズ130)
board-010%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

使わないときは閉じて、タンスの横にでもたてかけておきましょう。
board-006%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

<商品仕様>
●素材 ダンボール
●サイズ [開いたとき]縦550mm×横630mm [二つ折りにしたとき]縦275mm×横630mm
●適応サイズの目安 130〜150 
※シャツやTシャツに適しています。セーターや厚手のトレーナーには向いていません。
●日本製
<登録新案第3209406号>

【複数ご注文いただく場合の配送料について】
同一の商品であっても、異なる商品の組み合わせであっても、ご負担の少ない配送料でお送りできるシステムになりました。

たたみ方れんしゅうボード

¥2,700(税込・配送料別)
数量
 

配送料

北海道 1,200円
青森県 900円
岩手県 900円
宮城県 800円
秋田県 900円
山形県 800円
福島県 800円
茨城県 800円
栃木県 800円
群馬県 800円
埼玉県 800円
千葉県 800円
東京都 800円
神奈川県 800円
新潟県 800円
富山県 800円
石川県 800円
福井県 800円
山梨県 800円
長野県 800円
岐阜県 800円
静岡県 800円
愛知県 800円
三重県 800円
滋賀県 900円
京都府 900円
大阪府 900円
兵庫県 900円
奈良県 900円
和歌山県 900円
鳥取県 1,000円
島根県 1,000円
岡山県 1,000円
広島県 1,000円
山口県 1,000円
徳島県 1,100円
香川県 1,100円
愛媛県 1,100円
高知県 1,100円
福岡県 1,200円
佐賀県 1,200円
長崎県 1,200円
熊本県 1,200円
大分県 1,200円
宮崎県 1,200円
鹿児島県 1,200円
沖縄県 1,400円
ambe-002%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
筑波大学附属大塚特別支援学校主幹教諭
安部(あんべ)博志先生

あんべ・ひろし 筑波大学附属大塚特別支援学校 主幹教諭。特別支援教育コーディネーターとして地域の子ども、保護者、教師の相談・支援にあたっている。園から小・中学校まで巡回したクラスは通算10,000学級を超える。子どもの特性に合わせたオーダーメードの教材や教具を開発。著書に『特別支援教育 発達に遅れや偏りのある子どもの本当の気持ち』(学事出版)、『発達障害の子どもの指導で悩む先生へのメッセージ』(明治図書出版)、『使ってみたら「できる」が増えた発達障害の子のための「すごい道具」』(小学館、2017年1月刊行予定)。

閉じる