s-img_3147

 
 
発達障害の子をもつ親のいちばんの悩みは、周囲の理解を得にくいことです。悪気はないのに、周囲とトラブルになりやすく誤解されやすい子どもたち。周囲の無理解で親子ともに傷つくこともあります。前編はママたちの悩み、後編は通級の上手な活用法を中心にお届けします。
 
 

ママたちが語るうちの子の学校生活 後編

通級を上手に活用しよう

 
就学相談や就学時健診では問題ないと判断されたり、保護者の意志で通常の学級を選んだ子が、通常学級に在籍したまま、特別支援教育を受けることができる場を「通級学級」、通うことを「通級」といいます。
在籍校に特別支援学級がない場合は、学区内の近隣校に「通級」します。

前編に続き通級にわが子を通わせている4人のママたちに「通級」の仕組みやメリットなどについて伺いました。

 

◎教えてくれたママ

【Aさん】
小6の男の子が広汎性発達障害。人の気持ちを理解するのが苦手。

【Bさん】
小4の男の子が学習障害が疑われ、午後にはじっとしているのも苦手。

【Cさん】
小5の男の子。注意欠陥多動性障害があり、じっとしているのが難しい。

【Dさん】
中2の男の子が受動型アスペルガー症候群で思わぬことで傷つく。

 

p4030027-s

 

専門的な指導を受けることができる「通級学級」。呼び名は自治体によって異なります。「ことばの教室」「ことばときこえの教室」「情緒教室」「コミュニケーション教室」などと呼ばれていますが、指導の内容や目的は変わりません。
通級の対象は自治体によって多少の違いはあるものの、発達障害の診断を受けていなくても、通常学級での学習に「困った」ことがあれば相談できます。就学前でも入学後でも気づいた時点で支援を申し込めます。
通級の指導内容は、各学級によって違いますが、小集団でのソーシャルスキルトレーニングや、個別での教科の補充、運動指導などが行われています。

 

一人ひとりの苦手に合わせたスキルを学ぶ

Aさんのお子さんは幼稚園のころからお友達の気持ちを読み取るのが苦手で、小学校入学と同時に「通級学級」に通っています。
「ソーシャルスキルトレーニングでは、少人数のグループでシーンを想定し、ゲーム形式で楽しみながら、お友達の気持ちを理解するスキルを教えてもらいます。うちの子は気持ちがめいっぱいになると、パニックになることがあるのですが、通級は学校の中でもほっとできる居場所になっているようです」
また、BさんやCさんのお子さんはじっとできず、離席することが多くて、担任の先生に叱られることが多かったそうですが
「ターザンロープやトランポリンで平衡感覚に刺激を入れるなど、日常ではなかなかできない活動をしてもらうおかげで、少しずつ落ち着けるようになりました。保育園時代は特に園から指摘されることもなく、入学後、初めて、子どもの状態に気づきましたが、もっと早く通級に通わせればよかったと思いました」とのこと。

 

成功体験を積み重ね
自己肯定感を育てる

発達障害のある子どもたちは、小さいころから「ダメよ」「しっかりしなさい」と怒られることも多く、自己肯定感が育ちにくいと言われます。もし「どうせ自分なんて」という気持ちが膨らむと、不登校や非行など、二次的な障害につながることもあります。
Cさんは言います。
「通級では二次障害を防ぐために“自己肯定感”を育むことが重視されています。小さなステップで成功体験を積ませたり、持久走を走りきる達成感を味わったり。何より、保護者が子どもの特性を理解することで、頭ごなしに叱ることが減るのは大きいでしょう。通級の先生に子どものことを相談できるのも助かります」

s-img_2372

 

同じ悩みを持つ仲間が
できるのもメリット

通級には仲間がいるメリットも大きいです。他の子の解決法を参考にして互いのスキルを共有したり、誰かに助けを求めることも悪いことではないと気づきます。仲間ができるメリットは保護者も同じだとDさんは言います。
「この子たちの子育ての道のりは平坦ではないけれど、みんなで悩みを共有しあえるのは心強いです。大変さを理解しあえる仲間だからこそ励ましあえるし、講演会や支援の場などの地元情報を伝えあうことができます」
通級指導学級主任教諭は
「困っていることや苦手なことに向き合うことや、対処方法を考えることも大切ですが、子ども自身のよさや強みを理解し、生かしていくという視点も大切です。凸凹がありつつ、トータルで自分を好きになれるといいですね」と言います。
ひとりでどうしてよいか悩んだときは、通級の先生が担任との間を取り持つ「通訳」の役目をしてくださることもあります。子どもの様子が気になったり、担任にうまく説明できない時は、学校の特別支援コーディネーターや、「通級」の先生に相談するのも手かもしれません。

 

取材・構成・文/江頭恵子 撮影/tobiraco

 

ママたちが語るうちの子の学校生活 前編 「なぐさめ」より「理解」を

 

この記事は、子育て雑誌『edu』(小学館、2016.3月号で休刊)の別冊『発達障害の子の子育て応援BOOK』(2015年発売)に掲載されたものです。同別冊は発売1ヶ月余りで売り切れるほど反響がありました。今では書店で手に入れることができません。別冊を編集した者としてもっと多くのかたに読んでいただきたく、当時の編集長に頼みこんで記事を転載させていただいております。もちろん、ライターの江頭さんにもご快諾いただきました。

お読みいただいてのご感想などありましたら、お寄せください。ウェブに掲載させていただくかもしれません。特にご希望がない限りお名前は掲載いたしません。ご感想の掲載を希望されない場合は「掲載不可」とお書き添えいただけるとありがたいです。
ご感想はここをクリック。「お問い合わせ内容」の欄にお書きください。